エロくなる瞬間を見逃すな〜新しいエロなスタイルを持ったボディポテンシャル!セクシー女優ニューエイジ・青空ひかりが未来を照らす!

みなさん、女子のスタイルが10年前と変わっていますよ、お気づきですか?

普通に考えると、「年々、平均身長は高くなり、20年前と比べると、今どきの若い子は背が高くなっている」と思うでしょう。生活は日々進化しているし、街などで見る子どもたちは、とても手足が長くて、「大きくなったらさぞ伸びるんだろうな、スタイルもいいし」という感じだからですね。

 

しかし!日本人の平均身長は、女子も男子も変わっていないどころか、ちょっと下がっています。生活圏的には、どう考えても昔よりも環境がよくなっているし、テーブル文化が当たり前になっているから膝への負担が下がり、身長は伸びていくような気がします。ところがこれが大間違いだったりするわけです。

 

家庭環境において、確かにこたつに入るなんて激減している。お茶の間なんて言葉はほぼなくなり、テーブルで食事、リビングのソファでテレビを見たり、ゲームをしたり。昭和のような家庭ではないにも関わらず、なぜ?となるでしょう。

 

ひとつの理由として、運動量の低下があげられています。「子どもらしい鬼ごっこ」とか言いますが、それをやる子どもが相対的に減っている。それぞれに自由な選択をすることが21世紀のグローバリズム的発想ですから、上手くいっているところはいっているんだろうけれど、身体的な事情に関しては、飛び抜けて大きいとか突出した子どもがいる反面、平均的な数字が落ちているわけです。その事情が培われて、現在、目立ってきたと言えるでしょう。

 

足が長い子もいるのですが、すごい短い子もいる。平均値が下がるほどに身体に関しては、現代社会は影響を与えているわけですね。

 

そこから考えてみると……ミニマムなセクシー女優は増えていませんか? もちろん、もともとから、「大きめな女子」に関しては、マニア層にしか需要がありませんでした。低身長男子と高身長女子のような作品ですね。

これはおまけのうんちくですが、SEXに関しては、低身長男子と高身長女子が一番相性がいいと言われているわけです。今だと問題になりそうなので、使われなくなった蚤の夫婦なんて言葉がありますが、それが一番SEXには最適と言われていたわけです。しかしながら、AV業界においてはマニアの象徴という感じ。サブカル系ライターさんたちが、AVを席巻していた頃に、おもしろがって取り扱っていたなど、フリークス的な扱いになっていました。

 

というぐらいに、身長の大きい女子はAVには登場しません。それどころか、ロリータというワードがAVに使われなくなったように、むしろ低身長な女子の作品は、低年齢を揶揄していた物が多く、世界的にもアウトになっているわけだし、欧米諸国では逮捕されまくっているわけです。所有していただけ、購入しただけで逮捕されますね。参考資料として購入しても、アウトになるそうですよ。

 

しかしながら日本人の趣味性においては、低年齢層が活躍するのは大好物なのは、まったく変わりません。アイドルのデビューは中学生ぐらい。大きくなっていく過程を見るのが好きなようです。こういうロリコンに該当する状況は、70年代ぐらいからメディアに登場しており、変わるどころか増えているような気がします。

 

そういう煩悩の一番わかりやすいパターンを担っているのがAV。だからこそミニマム系女子は人気が高いのが、何十年と変わらないのです。SEXするわけだから、扇情的で色っぽい女子がウケると思ったら大間違いなのです。

 

もしかするとですが、そういう社会的な需要という部分が身体に影響を及ぼしている可能性があるのかもしれません。アジアの中でも一番大きなバストサイズを誇る日本人女子ですが、これだって性的な部分が大きく影響を及ぼしているわけです。なんか問題があるとAVにばかり責任を押し付けるけれど、本質的には、CMやらテレビ、映画などがちょこちょこと発信し続けている。

 

「モテる女子は背が高くないほうが良いよ」的な発想って、とても日本的ですよね。モデルなスタイルとか形容されるけれど、欧米のパリコレ的なモデルは、身長でも190cm近くないとダメ。なので日本人モデルは数える程度しかシーンに現れていません。日本国内のみで活躍するモデルは、大きくて170cmぐらい。160cmぐらいでも大丈夫どころか、150cm台のモデルは必要どころか人気があったりする。これぞまさしくジャパニーズモデルカルチャー!

それだけではありません。この10年でさらなるステップアップを遂げている日本女子。それがリアルにわかるのは、セクシー女優か、アイドルのグラビアということになります。セクシー女優の場合、パッケージで脱いでいるものが未だに多いので、それを見慣れている人は、相当な巨乳でなければピンとこない人が多いでしょうけど、アイドルグラビアだとわかりやすい。脱いでないからこそ谷間を強調させるわけです。その結果として理解できるのが、「身長が低いけれど、おっぱいが大きい女子の増加」というパターンです。

 

要はマンガのような、みなさんが理想とするスタイルの女子が増えている。やはりそういうスタイルのほうがモテるので、進化しているようです(たぶん笑)。そんなニューエイジセクシー女優の代表格として、ぴかキンこと青空ひかりちゃんをご紹介いたします!

媚薬×華奢なカラダ×激ピストン 頭がおかしくなるほどイカされてお漏らし噴射!キメセク大絶頂!! 青空ひかり STARS-351

SODprimeで見る FANZAで見る Amazonで見る

青空ひかり 眩しい笑顔からうっとりした絶頂顔へ 初イキ4本番 STARS-152

SODprimeで見る FANZAで見る Amazonで見る

古いロリ定義を超えたニューエイジは見どころがぎっしり詰まった宝石箱系!?

ロリと定義される女子たちは、おっぱいはいらないし、バーンとしたお尻もいらないというのが、本来の定義であり、そういう系統の女子の不文律だったわけです。が!変わってしまったとしか言いようがないのが、現状でしょう。

 

もちろん、その昔にもミニマムだけど巨乳という女子はいましたし、セクシー女優としても人気を得ていました。ただし、どちらかといえば、目立つほどのおっぱいという感じでないと、そんなにクローズアップされなかったような気がする。いや、されていませんね。ロリ人気というよりも、エロマンガキャラとしての人気になっていたし。

 

それが変わった。一見すると「身長が高いなぁ」と思いきや、実は小さい。つまり顔が小さいわけです。そしてスタイルはその顔の大きさに合わせてスライドされている。相対的に比べた時に初めて、「こんなに身長が小さかったんだ!」となります。逆はいたんですけどね。まなてぃとかが代表格でした。小さいそうに見える紗倉まなちゃんですが、160cmありますからね。顔が小さいので小さく見える。

ところが最近の子(という書き方をすると、まなてぃが最近の子ではないように感じますが、チクらないでください笑)は、小さいとか思わなくて直接会ったら、「あれ?」という感じなわけです。直接会えるイベントが減少から回復していないので、見れなくて残念だと思いますが、小さくて可愛いだけでなく、おっぱいもまたそのスタイルに合わせて大きいし形が綺麗。数字だけを見てしまうと、Gだ、Hだ、Iだと見続けているセクシー女優ファンからすると大きくはないだろうけど、明らかにヌードになった姿は大きいわけです。パイズリできるわけです。

 

ナイスなスタイルがそのままミニマム化したのが、最近のセクシー女優のトレンドといえるわけです。麻雅庵は、2021年年頭のSNSの呟きで、「今年は身長が低い女優さんを贔屓します」なんて書いたのですが、これは、「そういう女優ちゃんがいっぱいいますよ」というアナウンスだったわけですね。その代表格として、青空ひかりちゃんがいるわけです。

 

僕を助けてくれた大好きな女子が体育会系クズにレ×プされているのに… 青空ひかり STARS-225

SODprimeで見る FANZAで見る Amazonで見る

田舎に帰省した美少女が粘着オヤジに犯され続けたある夏の日 青空ひかり STARS-277

SODprimeで見る FANZAで見る Amazonで見る

突出したボディパーツもいいけれど、バランスのとれたボディスタイルを愛でたくなるのです!

セクシー女優ファンというのは、AVファンというのは、かなりの贅沢ものです。元来、彼女とかに、「ここをもっとこういうふうにしたら、もっと可愛くなるよ」なんて、キムタクでもない限りは、言えないセリフ。なのにそれをセクシー女優には平気で言ってしまう。ダイレクトだろうがSNSだろうが、言われた本人は想像以上のダメージを被るわけですが、鈍感なタイプが多いのか、日本人のいやらしさがAVファンに目立っているのか、まぁ言いまくり。

 

「おっぱいが大き過ぎる」「太り過ぎ」「よだれの量が足らない」「舌が伸びてない」などなど、なんでここまで言い切れるのかという意見が勢揃いしちゃうわけです。そういった声が大きくなっているからかもしれない、青空ひかりちゃんみたいなタイプがセクシー女優として登場したのは。とか思ってしまうわけです。

 

まず第一に言い切れるのは、顔立ちですね。ひかりちゃんを見て、ロリっぽさがないと思う人がほとんどだと思うわけですが、その理由はやっぱり顔面偏差値の高いそのお顔にあります。セクシー女優は「芸能人よりも美人」のような言われ方をしてきました。「アイドルよりもセクシー女優のほうが、美女だらけ」という感じ。それこそ、アイドルに求めるものと、セクシー女優に求めるものの違いだと思います。

可愛くてちょっと隙があるのをチラチラと垣間見せるのがアイドル。セクシー女優の場合、SEXをする際に、隙とか油断した顔は見れるわけです。そうなるとむしろギャップがあったほうがいい。ホラー映画で襲われる役は美女というのは、洋画邦画問わずなのですが、ギャップが出るためには、そういう高低差が必要となるわけです。それがセクシー女優に美女が多い法則です。

 

しかしながら、ひかりちゃんの場合、低い身長からの美女というわけで、ロリのSEXと美女のSEXのどちらも完備しています。ハイブリッドという良いワードがありました。そう、人間が望んでいると、そのようなハイブリッドが誕生する。別にそれ用に作られるわけではないのに、望んでいるものの近似値が登場し、最終兵器・青空ひかり的な感じで登場するのです。

 

顔立ちが美女なひかりちゃんの、セクシー女優としての素晴らしきポイントは、「痴女側でもヤラれちゃう受け身系でも似合う」という部分にあります。セクシー女優の場合、そんな極端なSEXの趣味を持っている人は、ほぼいません。稀に変な子がいるけどね(笑)。

 

それにキャスティングされる側なので、受け身としてお仕事が来るわけで、その際に、自分的にはどういう女の子をやりたいとか、こういうSEXがやりたいとか、自分の意思が100%通ることは難しいのです。監面(かんめん=監督面接)で、「こういうプレイがしたいです」と言っているし、監督やPも乗っかって企画が進む場合もありますが、やはり他人が介在すると、どこからか違ってくる。ズレはいつでも生じるものです。そういう中で、自我を発揮しまくりなタイプは少なくなります。理由は、「作品傾向が限られてくるから」です。

 

さらに、痴女が似合いそうな顔とか、受け身が似合いそうな顔というのがあるから、本人が望んでいなくても、そういう傾向の作品だらけになってしまう場合もあります。企画AVにおいて、キャスティングが同じキカタン女優だらけになってしまうのは、その女優が売れているかどうかだけでなく、作品を考えた際に、「彼女がいいよね」とイメージされてしまう。人間、そんな極端に作り出せる発想の持ち主っていないわけです。いかに変態を極めようとも。

そういうがんじがらめに陥りがちなセクシー女優なのですが、ひかりちゃんのような感じのポテンシャルを持った女優さんは、どっちもできるわけですね。作り手側も、「今回はこっちのひかりちゃんでいこう」とかアイデアをちゃんとずらして発想することができる。作り手にとっても嬉しいタイプなわけです。

 

これはユーザー側にもいえることでして、青空ひかりを押さえておけば、あらゆるパターンのSEXを観ることができるというメリットがあるのです。美女は本当にお得というお話ですね(笑)。ああいう子を責めたいのか、責められたいのかは、それこそ、受け手であるユーザーの資質にかかってくる。同じ風俗嬢と遊んでいると、「今日は責めちゃおうかな。次は責められちゃおうかな」と入れ替えることができるのと同じですね。

 

パッケージ写真を並べて見ることが販売サイトではできるわけですが、そうした時に、自分の感情によって、「これが刺さるな!」で選べるわけです。もちろんファンならばDVDを持っているでしょうけれど、サブスクで気軽に選べるのも最高。青空ひかりちゃんは、今後、5年間の主流となるであろう、「サブスク」向きの女優といえるわけですね。

タグ付けで、作品を調べるのではなく、「青空ひかり」を検索してから、どれで抜くかを調べるわけです。顔のポテンシャルが高いと、この段階での選択肢が狭まり、時間を短縮して、たっぷりとオナニーライフを楽しむことが可能なのです。リモートで一日家にいられて、家族が家にいない日は、DVDを観ながら裸になって楽しむというのもいいでしょう。VRでも同じでしょうか。まぁ見られないようにご注意ください(笑)

 

どれだけ綺麗事を言っても、実は「顔が一番のポイント」というのはAVにおいての不文律です。美形なのに可愛いというのは、坂道系アイドルでも同じタイプが多いわけで、現在の主流に乗っかっているひかりちゃんなわけです。

彼女の妹の風呂あがりの無防備なノーブラ姿に勃起が抑えきれず襲おうとしたら、逆に超むっつり絶倫で何度も中出しさせられた 青空ひかり STARS-326

SODprimeで見る FANZAで見る Amazonで見る

彼女のいない間にニコニコ笑顔で寝取ってくるイタズラ好きなバイト先の同僚 青空ひかり STARS-289

SODprimeで見る FANZAで見る Amazonで見る

ひかりのプレイで、AVとはシンクロして楽しむものという概念を再認識しましょう!

どうしてもお仕事となっていけば、プロフェッショナルになってしまうのは否めない。これはどんなジャンルでも同じなわけです。デビュー作を重要視するのは、実のところ、セクシー女優だけでなく、歌手や小説家だって重要なわけです。そこが売れないと次につながらないので。

 

よって、結果的にいろいろと修正(AVの場合は撮影時の指示とか男優のプレイ)が入って、「見せるSEX」というAVが登場するわけです。そのほうがオナニーするのに理にかなっている。そういうプレイにおける指示を自分の中に消化して、さらに見せるようにするにはどうすればいいかと昇華する。これができると、セクシー女優は内外問わずに評価されます。見せることとは、ナチュラルにしないとちゃんとSEXしていても嘘くさくなるからなのです。

 

過剰に進化した体位でのアクロバティックなSEXは、AV黎明期にはよく見られたのですが、淘汰されていったのは、やはりわざとらしいプレイに興奮を覚えない人が多かったからでしょう。AVとは、リアルを超えているけれど、リアルに見えるSEXをしないといけないわけです。

 

ところが上記のAVに反しているにも関わらず、ウケるのが素人ナンパ系AV。セオリーが無いように見えるし、逆に予定調和のようにスムーズにナンパされて、すぐにSEXをスタートすればするほど、興奮するし人気は高いです。やっぱりこれはプロフェッショナルなプレイの反動でしょう。いろいろな体位でプレイするよりも、ひたすら同じ体位のまま、ひたすらイチャイチャと密着して、顔射したり中出ししちゃったりするプレイのほうがリアルだと感じるわけです。

これ、逆を観ても同じように感じたりするから、AVでのSEXとは、女優物と素人系とは反比例しあう存在ということでしょう。売れ行きも同じように反比例しているようですし。

 

そんなプロ的なプレイやら、素人的な笑顔でのイチャイチャエロプレイを同居させているのが、青空ひかりちゃんのプレイです。

 

なぜこんな感じに、ひかりちゃんのプレイが見えるのでしょう。

 

それはどんな設定においても、感じている顔が嬉しそうというか、気持ちよさそうな表情を浮かべているからです。AVって、過剰な反応をしてしまう場合が多いから、顔が歪んでいることが多い。美女でなければならない理由のひとつですね。

 

ひかりちゃんの場合、その設定の中での「青空ひかり」として、大いにSEXを楽しんでいる感じ。正常位だろうがバックだろうが、顔を映した時のいい感じのエロ笑顔がたまらないのです。彼女の快楽が伝播する笑顔といっていいでしょう。

華奢な腰が屈強な男に捕まってズンズンと挿入される。一見するとひかりちゃんの小ささによって、陵辱的なプレイにも見えるわけですが、彼女自身の反応がよくて興奮がこっちに伝わるわけです。

 

通常、AVを視聴する場合、男子は、「ヤッている自分」を想像して興奮します。射精シーンでも、顔に発射するイメージを持って劇中の男優と同タイミングで射精するわけです。

 

ところが、ひかりちゃんのAVでは、男側ではなくひかりちゃんに感情が移るという現象が得られるはずです。まさにひかりちゃんとシンクロ率120%的な(笑)

 

美女であるひかりちゃんなので、見るだけでも興奮するわけですが、さらに上をいく興奮を得られることになります。これは彼女がプレイを楽しんでいることが重要なのではないでしょうか。SEXだって考えられたプレイよりも、それを超えた計算できないプレイのほうが興奮します。

 

先ほどの素人系AVが興奮するのは、計算していないように見える部分がとても大きいです。それもまた計算かもしれないというところが、AVの面白いところですが、今回の話題はそれではなくて、計算をしていないセクシー女優の反応とは、興奮が伝わり、自分が女優になったような高めの興奮が得られるということにあるのです。

 

女装レズという変態プレイは、M性感では大人気のプレイですが、これは狙いにいくわけで、その人の趣味が丸出しということ。ところが狙ったわけでも無いし、そういう趣味があるわけでもないのに、伝播して同じ快楽を得られるのです。

 

責められプレイがヘルス系風俗では人気が高いわけですが、女装せずとも女子的な快楽に浸りたいという意識が、そっちを選択するわけです。嬢は男子的なイメージでプレイすることで、いい感じの快楽を感じる。女子も女子で、お店でのお仕事ということ以上に興奮する場合もあるようです。これこそシンクロ率が上がり、男女逆転しているからこそ得られる快楽でしょう。

 

そういう快感に誘導していくひかりちゃんのプレイ。体を弄られる場合でも、ち●こを美味しそうに舐める場合でも、とてもキュートな仕草が混ざり、エロい女子を見ている興奮とは別のドキドキが混ざっていく。

リアルイベントが無くなりつつある今、恋愛系ビジネスをいかに持続させるか鍵を握っているわけですが、リアルに会えなくても、映像との中でも可能であることの証明です。青空ひかりちゃんにシンクロするわけですね。

 

AVにおいて、「ただSEXしている女の子を見て興奮する」という次元ではなく、「SEXしている女の子とシンクロして、あり得ないAVのプレイによって、快楽に犯されていく」というようなプレイを楽しむことができるわけです。

 

あざとエロ可愛いとは、ひかりちゃんのプレイによってリアルになっています。通常AVの場合、シンクロして快楽を楽しみますが、VRで観たら、確実にKOされてしまう人が多いことでしょう。だってひかりちゃんしか映っていないわけで、彼女が考えるエロを全て受け入れることになるから!心して観ましょうね。VRの世界に行ったきりになっちゃうかもしれないよ!?

『暴発禁止だからね』早漏な僕にSEXを教えてくれる、初めてできた年上彼女 青空ひかり 3DSVR-0819

SODprimeで見る FANZAで見る

ず~っと笑顔で乳首舐め!指先から顔、チ〇ポまで入念に舐め尽くしてくれる全身舐め天使 3DSVR-0832

SODprimeで見る FANZAで見る

まとめ〜リアルを感じるとは、実際に会うことよりもAVを細かく観ること!?

コロナ禍によって、リアルイベントは減少しています。もしくはイベント自体が変質を遂げざるを得ない状況になり、別の楽しみ方として模索しているわけです。しかしながら、過渡期であるのは確か。リアルなものを慣れ親しんだ人にとって、会えないという事実は本当に過酷な仕打ちと感じていることでしょう。

 

状況を冷静に観ると、「特別に選ばれし人(要は高額化したチケットを買える人か、超くじ運がよくて必ず当たる人)」ならばギリギリまで接近することは可能なのですが、それだって、昔と違い、ハグすることも握手もできないわけです。これまで培ってきたノウハウやコミュニケーション行動を遮断する病という部分が、実は死亡するよりも恐ろしいし、かなり蔓延しているのです。そういう中でのセクシー女優ファンは、今までの女神のような彼女と接触できないわけで、哀しかろうと思います。

 

しかしながら、コロナ禍以降にデビューしたセクシー女優さんの場合、会えない状況やらアクリル板の存在こそリアルになっているわけです。だからSNSに関しても、もの凄く丁寧だったりするし、AV作中のプレイもリアルさが増しているように見えるわけです。もちろん、今までのセクシー女優も頑張っているわけですが、より洗練されているように見えてくる。

 

青空ひかりちゃんのフェラは、実にゆっくりとタメの効いたフェラチオです。実用性が高いと言っていいでしょう。男優が羨ましくなる(笑)。

 

長めでよだれたっぷりの舌が、絶妙にち●このあらゆるパーツに襲い掛かります。玉をレロレロ……吸い付く女子が多いですが、あれは痛いだけで気持ちよくはない。AVだと観ていて興奮するからいいけど実用性はないのです。むしろひかりちゃんのようにレロレロされるとタマがキューンとして竿がギュンギュンしちゃう。

そして先端から根元までをゆっくり舐め上げ下ろしすることで、先端の敏感亀頭部分が膨張していくわけです。そこからお口を開き、吸い込むようにしながら肉棒をしゃぶる。この吸い込みもまたAVの場合、音だけ大きいというプレイが好まれるため、世の中のフェラチオに悪影響を及ぼしてしまっているわけですが、音がして興奮するのはバキューム音よりも、ペチャペチャとよだれが竿に塗れている姿が伝わる音なのです。

 

そういうプレイを経てからの挿入は、ち●こがまさに満を持して挿入へ至ることで、興奮がその段階でトップギアに入っているわけです。そういう相手の興奮が自分にも感じるのが上手なひかりちゃん。膣内でのピストンする最中のうっとり顔が最高です。

 

自分の膣が気持ちいいだけでなく、ち●こが喜んでいることを膣から投影した快楽。まさに先ほどから書いたシンクロ率の高いプレイをしているわけです。

そんなひかりちゃんのプレイを観た人は、男女問わずにシンクロ率がアップして、興奮しまくりという、満足以上の満足を得られる。AVというプレイを楽しみつつ、SEXを楽しむという、まさしくAVを日常から楽しんでいる女子が存在する世代のプレイを、青空ひかりちゃんは披露してくれているのです。

 

スタイルも抜群だし、エロさもバッチリ。さらにどんなプレイも楽しそうで気持ち良さそうなひかりちゃん。彼女は「会えるセクシー女優」というよりも、「観るセクシー女優」的になっていくのではないかと思います。

 

と言いつつも、彼女がメインのリアルイベント「青空ひかりのぴかキングダム」が新宿レフカダにおいてスタートしていますから、チケットが入手できればリアルにも会えることでしょう。あなたの運次第ですね。

 

AVの中からたっぷりとエロと愛情と、キュンキュンする可愛らしさを伝播させてくれる青空ひかりちゃん。そのエロ具合と可愛さがは作品ごとにパワーアップしています。今だったら、まだ間に合うので、「デビュー作から最新作まで」購入して、楽しんじゃいましょう。幸せな快楽を得られるひかりちゃんです。

顔射されドロドロ精子まみれになっても嬉しそうに追撃おしゃぶりし続けてくれる学園アイドル 青空ひかり STARS-337

SODprimeで見る FANZAで見る Amazonで見る

青空ひかり AV DEBUT STARS-138

SODprimeで見る FANZAで見る Amazonで見る

 

Posted by aki