平野綾、セクシーボンテージ姿で登場 “過激”シーンにも挑戦 舞台「マーダー・バラッド」会見2

★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 声優で女優の平野綾さんが11月11日、東京・銀河劇場で行われた舞台「マーダー・バラッド」の会見に、袖がシースルーになったボンテージ風のトップスに、ショートパンツ、網タイツというセクシーな姿で登場。平野さんは「かなりの挑戦をしています。ここまでキスシーンが多い舞台は経験したことがないです。キスシーンの一歩先というか(観客が)目をそらしたくなるような役を演じたことがありませんでした。今までになかった面を引き出そうと頑張っています」と満面の笑みを見せた。

 会見には、主演の中川晃教さん、共演の橋本さとしさん、濱田めぐみさんも出席。平野さんは、橋本さんから「あらくれナイスボディー」といじられると「(劇中の)せりふにあるんです。ありがとうございます」と赤面していた。

 「マーダー・バラッド」はホットでセクシーなロックミュージカルというテーマで、物語はマイケル(橋本さん)と結婚し、育児と家事に疲れたサラ(平野さん)は、かつて燃えるような恋をした元恋人のトム(中川さん)が経営する「キングズ・クラブ」に行き、トムと再会する。一線を越えたサラとトムの関係に、マイケルが気づく中、3人がキングズ・クラブにそろう……というストーリー。同所で27日まで上演。

Posted by aki