地域・自治体との協同

安心して住み続けられるまちを願って、地域支えあい事業や自治体との災害支援協定をひろげます。

■愛知県との災害支援協定

愛知県と愛知県生活協同組合連合会(コープあいちも参加)は、災害時の物資支援協定を結んでいます。また、愛知県とコープあいちは帰宅困難者支援協定を結んでいます。

■市町村との災害支援協定

自然災害への不安など、いざという時に備えて、愛知県の各市町村と防災協定、物資支援協定を結んでいます。

(2014年9月20日現在 48自治体 締結順)

蒲郡市、安城市、名古屋市、瀬戸市、豊明市、小牧市、尾張旭市、犬山市、長久手市、春日井市、江南市、日進市、知多市、岩倉市、津島市、蟹江町、弥富市、愛西市、幸田町、大治町、田原市、西尾市、新城市、稲沢市、飛島村、岡崎市、大府市、豊橋市、豊川市、みよし市、武豊町、あま市、阿久比町、東郷町、清須市、東浦町、一宮市、扶桑町、大口町、北名古屋市、豊山町、東海市、半田市、常滑市、美浜町、南知多町、刈谷市、豊田市

2013年5月8日武豊町と防災協定を結ぶ
2013年7月1日あま市と防災協定を結ぶ
食の地域づくり『八名(やな)そば』ブランド化事業
防災協定を結んだ市町村の防災訓練に参加(写真は長久手市の防災訓練)

■市町村との高齢者等地域見守り協定

・コープあいちの当該地域の事業所と市町村が業務上の連携をはかり、高齢者をはじめとする住民の地域の見守り等支援活動を行うことにより、孤立死や虐待を防止し、高齢者等が住み慣れた地域で安心して暮らし続けられるまちづくりをめざして協定を結んでいます。

清州市、春日井市、犬山市、岡崎市、豊川市、長久手市、日進市、東栄町、大府市、半田市、東浦町、新城市、瀬戸市、蒲郡市、尾張旭市、稲沢市、小牧市、あま市、豊明市、東郷町、西尾市、江南市、扶桑町、安城市、
常滑市、幸田町(26自治体)

・見守り協力会に参加しています
阿久比町

・高齢者見守り事業協力事業者登録
名古屋市

・次の地域では、はいかい・見守りネットワークに登録をしています。

名古屋市、豊橋市、江南市、知多市、豊田市、日進市、みよし市、あま市、田原町、扶桑町
2017年9月14日現在

■地域における支え合い事業

「地域における支え合い事業」は、地域での様々な困りごとを解決につなげていく新しい支え合いのモデル事業です。コープあいちと愛知県が実施主体となって2012年度に立ち上げ、NPOや民間事業者、行政や住民組織のみなさんと協働でとりくんでいます。
5つの地域の活動をモデルとしてすすめて、この経験をさまざまな地域での活動へとつなげていきます。

5つの地域

千種区・本山地域/守山区・小幡地域/ 緑区・大高地域/豊橋市・舟原町地域/奥三河・中山間地域

地域支え合い事業のブログ

詳しくは地域支え合い事業のブログでご紹介しています

■くらしに関わる懇談会

コープあいちは、組合員組織として「行政懇談会(くらしの懇談会)」にとりくみ、地域ごとに自治体と懇談・交流の場をもっています。懇談テーマは、環境や防災、食育、福祉などくらしにかかわることがらで、信頼関係を築き高めることにつとめています。

■地域福祉のとりくみ

地域包括支援センター(自治体から委託を受けて行う高齢者への総合的な生活支援の窓口)のとりくみ、介護保険法に基づく居宅介護支援や訪問介護、デイサービスやショートステイなどの福祉事業のほか、介護職員初任者研修や介護入門講座、また認知症サポーター養成講座を開催し、地域での担い手づくりにも力をいれています。組合員が中心にすすめる介護予防健康づくり、地域サロン、介護家族会も行われています。

介護保険法ではカバーできない支援では、家事や育児などの手助けをする「コープくらしたすけあいの会」(有償ボランティア)が活動しています。組合員が中心にすすめる高齢者がほっとできる場「ふれあいひろば」は各所で開催されています。
福祉・介護のとりくみはこちらから

コープあいちの社会的活動報告(CSRレポート)はこちら

このページのトップへ