環境活動のあゆみ

生き物観察会

生き物観察イメージ

コメを自給するとりくみ、田のもつ保水機能や防災機能、そして生態系保全機能を守ることにもつながっています。コープあいちでは各地のJAや生産者のみなさん、地域や研究者のみなさんの協力で、組合員とともに田んぼの生き物観察会を行っています。

2010年度
  • コープあいちとして2020年までの温室効果ガス削減長期計画を策定。
  • COP10開催に連動して、「生物多様性交流フェア」にブース出展。
  • 新設の守山センターで省エネ設備(太陽光発電パネル・LED照明・インバーターエアコン等)を導入(センター設置でのプロトタイプ)
  • 店舗生ゴミリサイクルの外部委託化。
  • COP10開催記念企画として、自然との共生をテーマに「生物多様性」「水棲生物や野草などの自然観察会」「干潟観察」「ウミガメ観察」などの組合員や親子対象の企画を行いました。
2011年度
  • 東日本大震災支援、夏期・冬期の節電の取組み。
  • 東大演習林にてコープあいちの森づくりスタート。
  • 名古屋市家庭廃食油回収モデル事業に参加(一部店舗で回収開始)。
  • 名東センター統合開設(省エネ設備導入)。
2012年度
  • 各地JAに協力いただき、稲作体験・自然観察会の実施。「あいち森づくり環境活動・学習推進事業」として交付金を受理。
  • 取引先のCO2削減で生まれた国内クレジットを活用しての温暖化対策の実施。
  • バイオディーゼル燃料使用の配達車両の増車。
2013年度
  • 「コープの森づくり 野付」協定書
    調印式、設立総会、植樹交流会(野付漁協)
  • 「コープの森づくり 恩納村」協定書
    調印式、設立総会、植樹交流会(恩納村漁協)
  • 新豊橋センターに太陽光パネルを設置し初の売電事業開始
2014年度
  • ESDユネスコ世界会議併催イベント、あいち・なごやESD交流フェスタにブース出展
  • コープあいちが参加している「おかえり野菜プロジェクト」が環境省がすすめる「グッドライフアワード」の特別賞に選定
  • カーボンオフセット対象貢献賞受賞
  • ソニーイーエムエス株式会社とコープあいちの「ソニーの森の取り組み」が国連生物多様性の10年委員会の推奨する事業として認定

PDF旧めいきん生協と旧みかわ市民生協の環境活動のあゆみ

このページのトップへ