環境へのとりくみ

地球温暖化や資源のことなど、
緑豊かな地球を守るため、
くらしを見直すとりくみをすすめています。

環境へのとりくみイメージ画像

■自宅でできるエコチェック

NO2(二酸化窒素)測定活動

「住んでいる街の空気を調べてみよう」と毎年6月と11月に愛知県内で一斉測定を、
3年ごとには諸団体や個人のみなさんと協同で愛知県下一斉測定をすすめています。
身近な環境の変化に気づくことを目的に始めた測定活動は、2013年で23年目になり、これまでに4万人を越える組合員が参加をしています。

測定方法と前回のNO2測定結果はこちらから

環境家計簿

環境家計簿

「わが家のCO2(二酸化炭素)排出量を調べてみよう」と、簡単な家計簿として3ヶ月間測定するとりくみです。提出された環境家計簿は専門家に分析を依頼し、結果は各参加者に『エコライフ通信簿』としてお知らせします。

つけ方と提出用紙はこちらから

■マイバックのとりくみ

コープあいち1号店の開店(1970年)時に、ゴミ削減のための「買い物かご持参運動」を開始し、現在では、組合員のみなさんのご協力により、全店平均96%以上のレジ袋削減率となっています。

レジ袋有料化の行政との取り組み

レジ袋の削減のため、各行政に協力し、協定を締結してとりくみをすすめています。

(協定を締結している自治体)
安城市、犬山市、岩倉市、春日井市、豊明市、豊川市、名古屋市、日進市

リサイクルのとりくみ

ごみの削減と資源の有効活用を目的に1990年には尾張エリアで、1991年にはみかわのエリアで、牛乳パックのリサイクル運動が始まりました。その後、できることから少しづつ品目を増やしてきました。

リサイクル品目

グループ購入・コープ宅配で回収しているもの

  • ・牛乳パック
  • ・卵パック
  • ・内袋(商品案内袋、通い箱袋)
  • ・商品案内など

お店で回収しているもの

  • ・牛乳パック
  • ・卵パック
  • ・トレー
  • ・飲料缶
  • ・ペットボトル

※リサイクルの実績は、各年度の社会的活動報告(CSR報告)で紹介しています。

食品リサイクル「おかえりやさい」

食品リサイクル「おかえりやさい」

2010年よりとりくみを発展させ、店舗の生ゴミをバイオプラザなごやへ持ち込み、太陽熱を利用して乾燥させ、堆肥に再生させています。その堆肥を使って、JAなごや大高管内の生産者に野菜を栽培してもらい、コープ大高インター店の直売コーナーで販売をしています。
環境循環型野菜「おかえりやさい」を利用して、循環の輪を大きくしていきましょう。

■環境活動のあゆみ

コープでは、合併以前の1号店から環境に配慮し、レジ袋の無料配布を行わないなど組合員の「もったいない」という気持ちを大切にしてきました。現在もその考え方を引き継ぎ、環境に配慮した事業を推進しています。

「コープあいちの環境活動のあゆみ」はこちらから

■環境政策

コープあいちは、次の環境政策を掲げ、組合員や地域のみなさん、行政の方々、取引先のみなさまと共に、環境配慮の取り組みを広げていきます。

「コープあいちの環境政策」はこちらから

■コープの森づくり

コープの森づくり

商品の産地での植樹を通して、海を守り育てる活動です。北海道・ 野付(のつけ)、沖縄・恩納村(おんなそん)、インドネシア・タラカン島の3か所で、生産者・メーカーと協力してすすめています。

「コープの森づくりマーク」がついた商品の利用1品につき1円を、森づくりをすすめるための苗木代や管理費とし、組合員のみなさんの力を集めています。組合員・職員も植樹を体験し、食と環境の関わりや環境活動の大切さを実感しています。

詳しくはこちら外部サイトへ

(東海コープへ)

このページのトップへ